獲得金額
4,500万円
受傷部位
後遺障害等級
7級

ご相談内容

被害者 農業従事者
部位
傷病名
後遺障害等級 7級
獲得金額 4,500万円

農業従事者である被害者が事故後、相手保険会社と折り合いが悪く、解決が長期化していました。そんな中、事故後5年後の保険会社から提示された示談金額が1000万円でした。

これに納得できず,当事務所に依頼がありました。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 7級 7級
治療費 5,393,870 8,126,774 2,732,904
入院雑費 167,200 228,000 60,800
通院交通費 113,740 113,740 0
装具・器具購入費 51,500 851,500 800,000
休業損害 2,294,694 3,468,280 1,173,586
後遺症逸失利益 5,814,162 21,325,505 15,511,343
通院慰謝料 2,680,000 3,300,000 620,000
後遺症慰謝料 1,500,000 11,800,000 10,300,000
総損害額 18,015,166 49,213,799 31,198,633
損害の填補(既払金) ▲8,021,004 ▲10,753,908
損害の填補後の損害額 9,994,162 38,459,891 28,465,729
弁護士費用 0 3,000,000 3,000,000
遅延損害金考慮分 5,839 3,530,109 3,524,270
合計 10,000,001 44,990,000 34,989,999
単位:円

保険会社の主張としては事故後も農業所得に特段の減収が認められないために原告に休業損害や逸失利益はないという主張でした。

しかし、農業所得は天候や需給関係により収入が大きく変わります。また被害者は事故後、それまでほぼ一人で行っていた農作業を補助や作付け・段取りを決定する業務にとどまるほかなく,多くの作業は長男や臨時雇いの従業員に委ね,繁忙期にはさらに臨時雇用して対応するという事業形態に移行せざるを得なくなりました。

つまり、農業所得に減収がなくても人件費が発生しているのでした。当事務所ではこれらの事実を詳細にまとめ、書面にて裁判所に提出いたしました。

解決内容

当事務所に依頼いただいた後、相手方弁護士を通じて2,900万円の提示がありましたがこれを承服せず、裁判を起こしました。

加害者側(保険会社)とは,後遺障害等級7級と認定されたことのほか,被害者の農業収入に決算書上の減収がないことを根拠に,休業損害・後遺症に伴う逸失利益を争いました。

結果、裁判所から加害者側の主張を退けることを前提とした和解案を提示され,これに遅延損害金を考慮した金額を加算した額で和解が成立しました。最終的には当初、保険会社から提示された示談金の4.5倍である約4,500万円の支払いを受け取ることになり、3,500万円増額に成功しました。

所感(担当弁護士より)

現実の減収がない場合,特に個人事業主については,そもそも毎年ほぼ同額という前提がないことから,実務の定説がない場面です。そのため、ケースに応じて主張に対し、綿密なロジックと細微にわたる証拠が必要となります。

今回は裁判所を説得するために、当方の主張と証拠をまとめた当事務所独自の準備書面が功を奏しました。

1000件以上の経験豊富な弁護士がサポート! 借金が増額できなければ費用はいただきません!私は、「勝ち」にこだわります。「勝ち」とは、お客様の満足です。一方的に交通事故に巻き込まれ、取り返しのつかない状態にされたうえ、賠償金を値切られるというのであれば、踏んだり蹴ったり、二重の不幸というほかありません。/北海道エリア全域対応 札幌市、函館市、小樽市、富良野市、ニセコ町、旭川市、美瑛町、その他エリア対応可能

無料相談実施中/交通事故でお困りなら、今すぐ無料相談をどうぞ0120-481-744/受付 24時間受付中
24時間受付中 無料相談の予約をする