獲得金額
4370万円強
受傷部位
後遺障害等級

死亡事故

ご相談内容・事案

解決事例【実績・実例】一覧[事案・後遺傷害等級別]はこちら

被害者 女性・20歳・スーパーマーケット勤務
事案 死亡事故
獲得金額 4545万7552円
裁判所・事件番号
裁判年月日
札幌地方裁判所平成22年(ワ)第2237号
平成23年1月31日判決

事案

加害者は,酒気帯び状態で普通乗用自動車(加害車両)を運転・進行中,自車線上の前方を進行する普通乗用自動車(被害車両)を追い越すに当たり,

50キロメートル毎時の制限速度を遵守し,対向車両の有無を確かめ,進路の安全を確認して追越しを開始すべき注意義務があるのにこれを怠り,

車両の動向に気をとられ,前方を注視せず進路の安全を確認しないまま漫然時速100キロメートル以上の高速度に加速して対向車線上に進出した過失により,

折から対向車線上を進行してきた普通乗用自動車を約77.4メートルに迫って初めて認め,衝突の危険を感じて慌てて自車線上に戻ろうと左にハンドルを切ったため,自車の前部を被害車両の後部に衝突させた上,

その衝撃により被害車両を対向線上に進出させて同車の左側面部を上記の対向進行してきた車両の前部に激突させた。

本件は,被害車両に同乗していた被害者の死亡事故案件(外傷性心破裂)であり,原告らが被告に対し,被告の起こした交通事故によって原告らの子又は妹ないし姉に当たる者が死亡したことについて,自動車損害賠償補償法3条または民法709条に基づく損害賠償請求を求めた事案(遅延損害金の起算日は事故日。)

争われた内容(争点)

1 被害者に生じた損害
(1)逸失利益
(2)死亡慰謝料

2 原告らに生じた損害
(1)原告ら固有の慰謝料
(2)弁護士費用

項目 サポート前 サポート後 増額幅
過失割合控除
治療費 116,490 116,490 0
葬儀費用 602,400 1,634,844 1,032,444
入院慰謝料 4,200 10,000 58,00
逸失利益 24,698,702 37,221,389 12,522,687
慰謝料 20,000,000 24,000,000 400,000
近親者慰謝料 4,000,000 4,000,000
弁護士費用 0 4,000,000 400,000
総損害額 45.421,792 70,982,723 25,560,931
既払金 ▲ 30,229,529 ▲ 30,229,529 0
小計 15,192,263 43,709,186 28,516,923
遅延損害金 1,748,366 1,748,366
合計 15,192,263 45,457,552 30,265,289
単位:円

解決内容

1 被害者の死亡逸失利益について,被告側は,賃金センサス企業規模計・産業計・女子・学歴計・20歳から24歳(274万7200円)を基礎収入とし,生活費控除率を50%と主張したが,裁判所は,賃金センサス企業規模計・産業計・女性高校卒・全年齢平均・の額(295万7200円)を基礎収入とし,生活費控除率を30%として算定した。

2 死亡慰謝料については,被告側は,2000万円を主張したが,裁判所は2400万円を認めた。
被告側の主張する額は,本件事故時に対応する「赤い本」が提供する基準の「その他」(独身の男女,子供,幼児等)の場合の最低額に当たるものですが,裁判所は,「母親,配偶者」の場合に相当する金額を認めた。

その他の解決事例

1000件以上の経験豊富な弁護士がサポート! 借金が増額できなければ費用はいただきません!私は、「勝ち」にこだわります。「勝ち」とは、お客様の満足です。一方的に交通事故に巻き込まれ、取り返しのつかない状態にされたうえ、賠償金を値切られるというのであれば、踏んだり蹴ったり、二重の不幸というほかありません。/北海道エリア全域対応 札幌市、函館市、小樽市、富良野市、ニセコ町、旭川市、美瑛町、その他エリア対応可能

無料相談実施中/交通事故でお困りなら、今すぐ無料相談をどうぞ0120-481-744/受付 24時間受付中
24時間受付中 無料相談の予約をする