獲得金額
660万円
受傷部位
左足関節
後遺障害等級
後遺障害・12級7号

ご相談内容

被害者 無職女性(専業主婦):事故時74歳
部位 左足関節
事案 後遺障害・12級7号
獲得金額 660万円

無職で一人暮らしである高齢者の女性である被害者が、加害者が加害車両を運転し店舗の駐車場から歩道を横切って一般道路に出るに当たり、歩道を自転車に乗車して加害車両左側から接近してきた被害者を見落としたまま進行したため、加害車両を被害者及びその自転車に出会い頭で衝突させ、左脛骨遠位端開放骨折(開放性Pilon骨折)の傷害を負い、左脛骨遠位端開放骨折後の左足関節の機能障害について12級7号に認定される後遺障害を負った事案です。

加害者側は、保険会社との交渉段階ではしなかった過失相殺の主張を持ち出し、一定の範囲で考慮されましたが、訴訟上の和解で、損害賠償額の増額となった事例です。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
治療費 8,636,043 2,680,351 ▲ 5,955,692
入院雑費 207,900 283,500 75,600
通院交通費 1,477,140 1,477,140 0
その他費用 704,499 704,499 0
傷害慰謝料 2,179,800 3,200,000 1,020,200
逸失利益 2,240,000 0 ▲ 2,240,000
慰謝料 2,240,000 2,900,000 660,000
損害額合計 15,445,382 11,245,490 ▲ 4,199,892
過失相殺 0 ▲ 562,275
既払金 ▲ 11,074,754 ▲ 5,108,970 313,631
既払金控除後金額 4,370,628 5,574,245
認容額合計(主文) 4,370,628 5,574,245 1,203,617
調整金 1,025,755 1,025,755
合計 4,370,628 6,600,000 2,229,372
単位:万円

争われた内容(争点)

本件訴訟では、次の諸点が争われました。

  1. 過失割合
  2. 損害

自賠責保険においては、被害者に落ち度がある場合には過失相殺減額を行うとしても、過失相殺減額は、被害者救済の見地から、被害者の重大な過失が認められるような場合に限り減額がされています(その場合でも被害者に有利な減額割合で行っている。)。

そこで、保険会社は、過失相殺を主張せずに、自賠責の範囲を基礎とした示談を提示をすることがあります。

高齢者は、無職であるか、稼働していたとしても、就労可能年数が限られるので、逸失利益の額は、相対的に低い金額で算定されることとなるため、被害者に落ち度があるような場合でも、保険会社は、示談交渉段階では、むしろ過失相殺を主張しないで、自腹を切らなくても済む、自賠責の支払基準の満額限り(あるいは、若干の任意保険での支払を加えたもの)を基に、示談額を提示してくることがあります。

自賠責保険における過失相殺減額が被害者有利なものであることから、被害者に落ち度があるような場合には、被害者加害者双方の公平の見地からされる裁判所の厳密な運用によると、かえって、確保できる金額が少なくなる場合も十分にあり得ます。

そこで、高齢者の場合の訴訟の提起については、特有の慎重な検討が必要となります。

所感(担当弁護士より)

自賠責保険の支払限度額を基に、過失相殺の主張を敢えて主張しない保険会社の方策は、自賠責保険の事故被害者の保護・救済という観点からの被害者に有利な取扱いとは、異質で技巧的というほかありません。

しかし、一般論としては、裁判所の損害額の算定が、自賠責保険(そして、任意保険)の基準によるより高額になるとはいっても、その算定後に、過失相殺による減額がされるかどうかは請求できる損害額が大きく変わり、訴えを提起したことによって、獲得できる金額がかえって減額しないように、ポイントを洗い直し慎重な検討をすることが不可欠です。

1000件以上の経験豊富な弁護士がサポート! 借金が増額できなければ費用はいただきません!/北海道エリア全域対応 札幌市、函館市、小樽市、富良野市、ニセコ町、旭川市、美瑛町、その他エリア対応可能

無料相談実施中/交通事故でお困りなら、今すぐ無料相談をどうぞ 0120-543-072/受付 24時間受付中
24時間受付中 無料相談の予約をする