獲得金額
4249万8970円
受傷部位

外傷性頸椎椎間板ヘルニア,頸髄損傷,頭部打撲,右半身打撲の傷害

後遺障害等級

6級

ご相談内容

被害者 技術職会社員
部位
傷病名
後遺障害等級 6級
獲得金額 4249万8970円
裁判所・事件番号
裁判年月日
札幌地方裁判所平成16年(ワ)第1664号
平成18年12月1日判決

保険会社の最終提示額では納得できず,当事務所に委任して裁判を起こすことになりました。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
治療費 5,689,259 5,689,259 0
入院雑費 58,300 76,500 18,200
通院交通費 62,750 62,750 0
装具代 10,145 10,145 0
休業損害 1,503,618 1,503,618 0
後遺症逸失利益 40,119,407 55,732,220 15,612,813
入通院慰謝料 750,000 1,500,000 750,000
後遺症慰謝料 0 11,000,000 11,000,000
素因減額 ▲30%
損害の補填 ▲20,466,762 ▲20,726,717
弁護士費用 0 3,200,000 3,200,000
損害遅延金 0 4,410,049 4,410,049
合計 27,466,762 42,498,970 15,032,208
単位:円

解決内容

技術職会社員(高卒者)につき,後遺障害に基づく逸失利益の算定基礎収入を,事故前の実収入額(年収257万0400円)とすべきであるとする被告の主張を斥け,平成14年度高卒者男子賃金センサス全年齢平均額(502万7100円)を採用し,後遺障害逸失利益を算定しました。保険会社の最終提示額は2,700万円強程度でしたが,裁判の結果,4,200万円を超える支払をうけることができました。

その他の解決事例

獲得金額
5000万円
受傷部位

右前頭葉脳挫傷,第1腰椎圧迫骨折,頚椎捻挫,右股関節捻挫等の傷害

後遺障害等級

併合6級
頭部外傷後の精神・神経系統の障害(7級4号)
第1腰椎圧迫骨折後の脊柱の障害(11級7号)

獲得金額
536万2900円
受傷部位

左大腿骨転子部骨折,骨盤骨折,外傷性腸間膜損傷,肝損傷,出血性ショック,腹壁瘢痕ヘルニア

後遺障害等級

併合11級
左大腿骨転子部骨折後の左股関節の機能障害(12級7号),胸腹部臓器の障害(併合12級)胆のう,小腸,大腸の各障害(13級11号),左大腿骨転子部骨折後の左下肢の短縮障害(13級8号)

1000件以上の経験豊富な弁護士がサポート! 借金が増額できなければ費用はいただきません!私は、「勝ち」にこだわります。「勝ち」とは、お客様の満足です。一方的に交通事故に巻き込まれ、取り返しのつかない状態にされたうえ、賠償金を値切られるというのであれば、踏んだり蹴ったり、二重の不幸というほかありません。/北海道エリア全域対応 札幌市、函館市、小樽市、富良野市、ニセコ町、旭川市、美瑛町、その他エリア対応可能

無料相談実施中/交通事故でお困りなら、今すぐ無料相談をどうぞ0120-481-744/受付 24時間受付中
24時間受付中 無料相談の予約をする