獲得金額
980万3094円
受傷部位

下顎骨骨折,歯牙脱臼,口腔内裂傷,歯牙破片,咬合不全,外傷性咬合,外傷性顎関節症等,頭部外傷,脳挫傷

後遺障害等級

11級4号(既存障害が14級2号に該当)歯牙障害

事案・ご相談内容

解決事例【実績・実例】一覧[事案・後遺傷害等級別]はこちら

被害者 運転手
受傷内容 下顎骨骨折,歯牙脱臼,口腔内裂傷,歯牙破片,咬合不全,外傷性咬合,外傷性顎関節症等
後遺障害等級 11級4号(既存障害が14級2号に該当) 歯牙障害
獲得金額 980万3094円
裁判所・事件番号
裁判年月日
札幌地方裁判所平成12年(ワ)第5073号
平成13年8月28日判決

既存障害14級の既存障害がある被害者の負った歯牙障害が後遺障害等級11級と認定されたところ,加害者側は,運転手として稼働する被害者の労働能力に影響がなく逸失利益は認められないし,仮に認められるとしても,労働能力喪失期間は5年程度であるとの主張でした。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
治療費 2,011,306 2,534,050 522,744
入院付添費 3,219,873 306,000 -2,913,873
入院雑費 43,000 66,300 23,300
休業損害 321,501 400,000 78,499
後遺症逸失利益 2,560,000 8,403,059 5,843,059
入通院慰謝料 1,281,360 1,800,000 518,640
後遺症慰謝料 0 2,500,000 2,500,000
過失相殺 ▲20% ▲20%
損害の補填 ▲2,490,827 ▲4,766,363
弁護士費用 0 800,000 800,000
2,994,707 8,841,164 5,846,457
遅延損害金 0 1,021,930 1,021,930
合計 2,994,707 9,863,094 6,868,387
単位:円

解決内容

裁判では加害者の主張は斥けられ、労働能力喪失期間を就労可能年齢67歳までとし、労働能力喪失率15パーセントとして算出されました。

また、過失割合についても加害者側の主張は30%でしたが裁判所では20%にとどめる認定となりました。

以上を踏まえ、当初保険会社が提示した最終示談提案額が300万円足らずだったのに対して、遅延損害金も含め、980万円を超える支払いになりました。

その他の解決事例

獲得金額
1893万8468円
受傷部位

右大腿骨開放骨折,右膝蓋骨骨折,右上腕骨筋に部骨折,左第一中手骨骨折,外傷性くも膜下出血,顔面頚部裂創,下顎骨骨折,右外傷性血気胸の傷害

後遺障害等級

併合11級
脳挫傷痕,右膝運動時痛,右下肢の短縮障害,及び顔面・右手・右下肢・右胸部・右前腹部の箇所に術後瘢痕が残存

1000件以上の経験豊富な弁護士がサポート! 借金が増額できなければ費用はいただきません!私は、「勝ち」にこだわります。「勝ち」とは、お客様の満足です。一方的に交通事故に巻き込まれ、取り返しのつかない状態にされたうえ、賠償金を値切られるというのであれば、踏んだり蹴ったり、二重の不幸というほかありません。/北海道エリア全域対応 札幌市、函館市、小樽市、富良野市、ニセコ町、旭川市、美瑛町、その他エリア対応可能

無料相談実施中/交通事故でお困りなら、今すぐ無料相談をどうぞ0120-481-744/受付 24時間受付中
24時間受付中 無料相談の予約をする