獲得金額
4112万5310円
受傷部位
外傷性十二指腸破裂、腹部打撲、腹膜炎疑、外傷性右腎出血、第四・第五腰椎横突起骨折の傷害
後遺障害等級
9級 腹壁瘢痕ヘルニア、胆石症の後遺障害。腹膜欠損部の痛み、長官の絞扼の危険性、イレウス(腸閉塞)の可能性、腹膜炎の癒着の程度が激しいためヘルニア根治術を施工する必要あり。

ご相談内容

被害者 男性・固定時28歳・営業
部位 外傷性十二指腸破裂、腹部打撲、腹膜炎疑、外傷性右腎出血、第四・第五腰椎横突起骨折の傷害
後遺障害等級 9級 腹壁瘢痕ヘルニア、胆石症の後遺障害。腹膜欠損部の痛み、長官の絞扼の危険性、イレウス(腸閉塞)の可能性、腹膜炎の癒着の程度が激しいためヘルニア根治術を施工する必要あり。
獲得金額 4112万5310円
裁判所・事件番号
裁判年月日
札幌高等裁判所平成10年(ネ)第221号
平成10年9月1日和解

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 9級
治療費 31,853 31,853
文書費 11,180 11,180
入院付添費 1,170,000 1,170,000
入院雑費 451,100 451,100
医師への謝礼 80,000 80,000
将来の手術費,治療費,通院交通費,雑費等 1,200,000 1,200,000
休業損害 3,536,266 3,536,266
後遺症逸失利益 18,397,929 18,397,929
入通院慰謝料 2,500,000 2,500,000
後遺症慰謝料 5,500,000 5,500,000
損害の補填(既払い金 ▲2,312,276
弁護士費用 3,000,000 3,000,000
遅延損害金 7,559,258 7,559,258
合計 41,125,310 41,125,310
単位:円

解決内容

任意保険の対象とならない事故であり,損害保険料率算出機構(損保料率機構)の後遺障害等級認定手続を経ていない場合において,訴えを提起したところ,第一審裁判所の認容額は,医師の診断書,回答書等を基に後遺障害等級9級と認定するなどして,3,300万円余りとなりました。

加害者は控訴しましたが,裁判上の和解により,遅延損害金も含め4,100万円の支払を受けることができました。

所感(担当弁護士より)

保険会社との示談交渉がそもそもない事案ですが,任意保険が使えない場合であっても,工夫をすれば,損害賠償総額の支払を受けることができることを教えられた事例として紹介します。

その他の解決事例

獲得金額
569万5682円
受傷部位

頚椎捻挫及び腰椎捻挫,頚部及び背部に軽度筋痛,右肩から上腕にかけて強い違和感,右上肢のしびれ感,右肘部の痛み,椎間板ヘルニア,座骨神経痛

後遺障害等級

14級10号 椎間板ヘルニアによる局部の神経症状

獲得金額
5000万円
受傷部位

右前頭葉脳挫傷,第1腰椎圧迫骨折,頚椎捻挫,右股関節捻挫等の傷害

後遺障害等級

併合6級
頭部外傷後の精神・神経系統の障害(7級4号)
第1腰椎圧迫骨折後の脊柱の障害(11級7号)

1000件以上の経験豊富な弁護士がサポート! 借金が増額できなければ費用はいただきません!私は、「勝ち」にこだわります。「勝ち」とは、お客様の満足です。一方的に交通事故に巻き込まれ、取り返しのつかない状態にされたうえ、賠償金を値切られるというのであれば、踏んだり蹴ったり、二重の不幸というほかありません。/北海道エリア全域対応 札幌市、函館市、小樽市、富良野市、ニセコ町、旭川市、美瑛町、その他エリア対応可能

無料相談実施中/交通事故でお困りなら、今すぐ無料相談をどうぞ0120-481-744/受付 24時間受付中
24時間受付中 無料相談の予約をする