獲得金額
1660万6020円
受傷部位
左橈骨頚部骨折の傷害
後遺障害等級

12級7号 左脛骨遠位端開放骨折後の左足関節の機能障害等

事案・ご相談内容

解決事例【実績・実例】一覧[事案・後遺傷害等級別]はこちら

被害者 男性・症状固定時17歳・高校生
部位,受傷内容 左橈骨頚部骨折の傷害
後遺障害等級 12級6号 左橈骨頚部骨折に伴う左肘観察の機能障害、左腕の可動域制限及び左橈骨頚部骨折後の変形傷害等の後遺障害
獲得金額 1660万6020円
裁判所・事件番号
裁判年月日
札幌地裁平成25年(ワ)第1009号
平成26年1月23日

事案

被害者がコンビニエンスストア店舗前の歩道を自転車で走行していたところ、店舗駐車場から出てきた加害者の運転する普通乗用自動車に追突された事案

争われた内容(争点)

    加害者側は、次の主張をするなどして争いました。

  1. 損害 後遺障害による逸失利益について、可動域制限が筋拘縮によるものであり、労働能力喪失期間を就業時から10年とするのが相当である。
  2. 加害者は、被告車両の動静に注意を払う義務を怠ったので、10%の過失割合に相当することに加え、日没後で辺りが暗くなっていたのに、無灯火で進行していたのであるから、10%の加算修正がなされるべきであり、過失割合は、20対80と考えるのが相当である。

解決内容

    裁判所は、争点について、次のとおり判断しました。

  1. 本件事故の過失割合は、原告15対被告85とするのが相当である。
  2. 原告の労働能力喪失期間は、大卒時から就労可能年限までの45年間とするのが相当である。

解決内容

項目 サポート前 サポート後 増額幅
治療費 1,153,037 1,153,037 0
通院交通費 36,140 36,140 0
雑費ほか 55,441 58,241 2,800
傷害慰謝料 602,000 1,180,000 578,000
後遺症による逸失利益 5,520,865 11,758,392 6,237,527
後遺症慰謝料 1,000,000 2,900,000 1,900,000
総損害額 8,367,483 17,085,810 8,718,327
過失減額後 7,949,109 14,522,938 6,573,829
既払金 ▲ 1,236,918 ▲ 1,236,918 0
弁護士費用以外の損害 6,712,191 13,286,020 6,573,829
弁護士費用 0 1,320,000 1,320,000
総損害額 6,712,191 14,606,020 7,893,829
遅延損害金 1,698,700 1,698,700
合計 6,712,191 16,304,720 9,592,529

その他の解決事例

獲得金額
569万5682円
受傷部位

頚椎捻挫及び腰椎捻挫,頚部及び背部に軽度筋痛,右肩から上腕にかけて強い違和感,右上肢のしびれ感,右肘部の痛み,椎間板ヘルニア,座骨神経痛

後遺障害等級

14級10号 椎間板ヘルニアによる局部の神経症状

1000件以上の経験豊富な弁護士がサポート! 借金が増額できなければ費用はいただきません!私は、「勝ち」にこだわります。「勝ち」とは、お客様の満足です。一方的に交通事故に巻き込まれ、取り返しのつかない状態にされたうえ、賠償金を値切られるというのであれば、踏んだり蹴ったり、二重の不幸というほかありません。/北海道エリア全域対応 札幌市、函館市、小樽市、富良野市、ニセコ町、旭川市、美瑛町、その他エリア対応可能

無料相談実施中/交通事故でお困りなら、今すぐ無料相談をどうぞ0120-481-744/受付 24時間受付中
24時間受付中 無料相談の予約をする