獲得金額
2,300万円
受傷部位
後遺障害等級
1級

ご相談内容

被害者
部位
傷病名 頸髄損傷
後遺障害等級 1級
獲得金額 2,300万円

原告が近くの横断歩道を渡らず無灯自転車に乗って幹線道路を横断中、事故に遭い首から下が不随となった事案です。保険会社(自動車共済)の既払い金(5,000万円余り)を除いた賠償金残額の最終提示額はわずか54万円とあまりに低額であったため相談を受け,当法律事務所が担当することになりました。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 1級 1級
治療費 12,820,000 12,829,713 9,713
入院雑費 280,000 490,000 210,000
休業損害 2,660,000 3,122,696 462,696
逸失利益 26,550,000 25,145,916 -1,404,084
将来の介護費用 16,190,000 27,189,032 10,999,032
生活装具 60,000 61,487 1,487
慰謝料 12,500,000 25,000,000 12,500,000
近親者慰謝料 0 3,000,000 3,000,000
過失割合 ▲45% ▲30%
損害の補填 ▲38,540,000 ▲50,748,329
弁護士費用 0 1,700,000 1,700,000
遅延損害金 0 4,410,049 4,410,049
合計 540,000 23,148,910 22,608,910
単位:円

まず、近くの横断歩道を渡らなかった自転車であっても重大な過失ではないことを立証しました。

そして、将来の介護費について請求しました。現在でも,治療関係費は,病状の改善効果が認められる病状固定までのものを対象とするのが原則であるとされています。そのため、介護費用の立証には『ケアプラザ岩見沢』という北海道労災特別介護施設のパンフレットを提出するなど,暗中模索の中で対処をしていきました。

解決内容

裁判所は,「近くの横断歩道渡らなかった自転車」であっても,「重大な過失ではない」として,被告の過失割合を3割にとどめたほか,後遺症逸失利益とは別に,将来の介護費用として「呼吸管理の1級3号者」として,「病院入院の介護料」「日額5,000円」を認めました。

また、近親者の慰謝料も請求したところ,二人の子にもそれぞれ150万円ずつの慰謝料が認められました。

結果、自動車共済の最終提示額である54万円の42.9倍である約2,300万円の支払いをうけることが出来ました。

所感(担当弁護士より)

当時としては,病院入院の介護料を認めた事例は珍しいものでした。裁判官を説得して被害者の入院先の病院まで赴いてもらい臨床尋問を実施したことも,大きな効果があったと思われます。

なお,前田尚一法律事務所で担当した案件の中に,将来の手術費が認められた事例として,次の裁判例がありますので,併せて参考にして下さい。

○ 居眠り運転の加害車に同乗中事故により十二指腸破裂等の傷害を負い,腹壁瘢痕ヘルニア,胆石症の後遺障害が残った被害者について、損害保険料率算出機構(損保料率機構)の後遺障害等級認定手続を経ていない場合において,医師の診断書,回答書等を基に後遺障害等級9級、労働能力喪失率35%を認めるとともに、損害として将来の手術費等120万円を認め、被告らの好意同乗による過失相殺の主張を斥けた事例

1000件以上の経験豊富な弁護士がサポート! 借金が増額できなければ費用はいただきません!/北海道エリア全域対応 札幌市、函館市、小樽市、富良野市、ニセコ町、旭川市、美瑛町、その他エリア対応可能

無料相談実施中/交通事故でお困りなら、今すぐ無料相談をどうぞ 0120-543-072/受付 24時間受付中
24時間受付中 無料相談の予約をする