交通事故にあっても,保険会社と安易に示談をしないでください。

特に,死亡事案,後遺症(後遺障害)事案については,補償額・賠償額が大きく増額する可能性があります。
当事務所では,死亡事案,後遺症(後遺障害)事案について,無料電話相談を実施しています。

保険会社は、加害者を代行する営利企業ですから、交通事故の被害者の味方ではありません。
そのため、保険会社は自社固有の基準により、裁判所の基準による賠償額に比べて、
かなり低い金額しか支払おうとしないのが実情です。

特に、死亡事故、後遺症の残る交通事故では、裁判所の基準によると、大幅に増額された賠償額が算定されることが多いのです。

交通事故に遭わされた上、賠償額を値切られることは、到底許されないことです。
裁判所の基準に基づいた正当な賠償額を、一緒に勝ち取りましょう。
まずは、電話で無料法律相談をお申し込みください。
(希望される方は電話相談も可能です。) 法廷戦術を熟知した弁護士が対応します。

当事務所で担当した交通事故の実例です。

交通事故の示談額の増額事例1●死亡事故の事案
保険会社の提示額が6,000万円弱であったものが、9,200万円余りの支払を獲得することができた事例
(約3,300万円の増額、約1.5倍)

交通事故の示談額の増額事例2●交通事故で重度後遺症の障害を負ってしまった事案
重度後遺症の障害を負ってしまったのに、保険会社の残額提示額はわずか54万円であったのに対し、2,300万円余りの支払を獲得することができた事例
(約2,300万円の増額、約42.8倍)

交通事故の示談額の増額事例3●後遺障害等級12級の事案
保険会社が提示した交通事故の最終示談提案額は1,100万円余りだったが、2,800万円を超える支払を獲得することができた事例
(約1,700万円の増額、約2.5倍)

交通事故の示談額の増額事例4●後遺障害の中で最も軽い後遺障害等級14級の事案
保険会社の提示額が170万円余りだったが、約570万円の支払を獲得することができた事例
(約400万円の増額、約3.3倍)

死亡事故・後遺症事故(後遺障害等級別)の増額・実績集はこちらをご覧ください
保険会社の最終提示額がどの程度増額したか,
交通事故の慰謝料など損害項目ごとに対比して説明してあります。

保険会社の示談提示金額が低い理由
保険会社の実態


交通事故の後遺障害等級12級の方へ   交通事故の後遺障害等級14級の方へ

無料電話相談

⇒メールで相談を希望される方は、こちらをどうぞ。

交通事故の相談料は無料

交通事故に関する当事務所の弁護士報酬基準について詳しくは料金表をご覧ください。

交通事故に強い札幌の弁護士 前田尚一

交通事故,特に後遺症のご相談は,交通事故に強い弁護士にお任せ下さい。

交通事故に強い札幌の弁護士

当事務所では、交通事故直後・症状固定前から直ちに相談をお受けし、
保険会社との間で予想されるトラブルをあらかじめ想定して
被害者・遺族の方々の無用のストレスを解消します。
さらに、賠償額を大きく左右する後遺障害の認定を適切に受けるための
対応方法についてアドバイスいたします。

交通事故で泣き寝入りしないために

ご相談お申し込み・お問い合わせ

項目にご記入ください。
※メールでの法律相談は行っておりません。

お名前※必須
電話番号
メールアドレス※必須
連絡方法 ※必須 電話  (通話可能な時間帯: の間 )
メール
どちらでも良い

※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい
法律相談の希望日時 第1希望: 午前 午後
第2希望: 午前 午後
第3希望: 午前 午後
ご質問等 URLを含めたコメントの送信は出来ません。