【死亡】マスコミで大きく報道された飲酒事故の加害者に自賠責共済分を超える賠償金残額として4370万円の支払いが命じられた事例

裁判所名〕 札幌地方裁判所民事第5部 判決
〔判決日付〕 札幌地方裁判所平成23年1月31日
〔事件番号〕 平成22年(ワ)第2237号
〔事 件 名〕 損害賠償請求事件

北海道栗山町の国道で2009年夏に、飲酒運転の車の巻き添えになり、男女4人が死傷した事故で,賠償金残額として約4370万円の支払が命じられた事例
合計約7098万円の損害を認めたうえ,既払金(自賠責共済から支払済み)を引いた上記金額の支払が命じられました(これに遅延損害金が加算されます。)。

以下,2011年1月31日 読売新聞東京夕刊からの引用です。

栗山の飲酒事故 元職員に4370万円支払い命令

北海道栗山町の国道で2009年夏に、飲酒運転の車の巻き添えになり、男女4人が死傷した事故で、亡くなった◎◎◎◎さん(当時20歳)の両親ら遺族5人が、自動車運転過失致死傷罪などで実刑判決が確定した元JA道央職員××××受刑者(37)を相手取り、計約9500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が31日、札幌地裁であった。石橋俊一裁判官は、××受刑者に計約4370万円の支払いを命じた。

 ××受刑者は09年7月13日夜、酒気帯び運転で衝突事故を起こし、4人を死傷させて現場から逃走。昨年6月に、懲役7年の実刑が確定した。

遺族側は訴えで、「悪質極まりない運転で家族を奪われ、多大な精神的苦痛を被った」と主張。今村受刑者側は事故の責任関係は認めた上で、賠償額について争う姿勢を示していた。

引用:読売新聞東京夕刊 2011年1月31日

1000件以上の経験豊富な弁護士がサポート! 借金が増額できなければ費用はいただきません!私は、「勝ち」にこだわります。「勝ち」とは、お客様の満足です。一方的に交通事故に巻き込まれ、取り返しのつかない状態にされたうえ、賠償金を値切られるというのであれば、踏んだり蹴ったり、二重の不幸というほかありません。/北海道エリア全域対応 札幌市、函館市、小樽市、富良野市、ニセコ町、旭川市、美瑛町、その他エリア対応可能

無料相談実施中/交通事故でお困りなら、今すぐ無料相談をどうぞ 011-261-6234/受付 24時間受付中
24時間受付中 無料相談の予約をする