“協働作業”である信念に共感して,この先生なら親身に相談にのってくれると思ったのがきっかけです

被害者(相談者は母親) 男性・高校生

息子,その日は,自転車で高校へ通学中交通事故!
救急隊員から,「歯数本脱落・・・」の連絡を受けドキドキしながらも,何故か落ちつこうとしていたあの当時を思い出します。

未成年という事もあり,保険会社との交渉。本を買って参考にもしましたが,法律の知識もなく,私たち家族だけでは,対応出来ないと判断しました。

当時弁護士会辞典の本より,「弁護士業務は,依頼者と弁護士の”協働作業”であるを,信念に”迅速妥当な事件処理”を心掛けている。」その言葉が目に飛び込み,”協働作業”である信念に共感して,この先生なら親身に相談にのってくれると思ったのがきっかけです。

言えることは,加害者は,終わっても,場合によっては,被害者は,これからも続きます。被害者は,10代の事故(後遺障害14級)現在20代。これからの人生60年以上と考えた時,将来のメンテナンス治療等を考え,自分達だけで示談を考えず,長期間諦めなかった。

そして,前田先生,近藤先生そして事務所のスタッフの皆様に出会え,熱心に取り組んでいただき,この度無事裁判を終える事ができて親子ともに感謝しております。

1000件以上の経験豊富な弁護士がサポート! 借金が増額できなければ費用はいただきません!私は、「勝ち」にこだわります。「勝ち」とは、お客様の満足です。一方的に交通事故に巻き込まれ、取り返しのつかない状態にされたうえ、賠償金を値切られるというのであれば、踏んだり蹴ったり、二重の不幸というほかありません。/北海道エリア全域対応 札幌市、函館市、小樽市、富良野市、ニセコ町、旭川市、美瑛町、その他エリア対応可能

無料相談実施中/交通事故でお困りなら、今すぐ無料相談をどうぞ 011-261-6234/受付 24時間受付中
24時間受付中 無料相談の予約をする