交通事故・後遺症無料相談TOP > 社会保険

被害者はどのようにして救済を受けることができるのか

社会保険

このHPは,当事務所がお手伝いし,できるだけ高額の損害賠償賠償金を獲得するためにお手伝いすることを目的としていますので,社会保険についての説明は他に譲りますが,一つだけお伝えしておきたいことがあります。

それは,健康保険にかかわる「嘘の横行」です。

世の中には,「交通事故で怪我をした場合は,健康保険は使えないので,自由診療になります。」と説明する医療機関や,
「被害者なのだから,よい治療を受けるため,健康保険を使わないで,自由診療を受け,きちんと加害者に支払ってもらった方がよい。」と勧める物知りがいます。


しかし,どちらも真っ赤な嘘であり,鵜呑みにすると大損をします。

交通事故によって怪我をした場合であっても,健康保険による診療を受けることができるのです。

自由診療によると,治療費が約2倍にもなります。
自由診療で治療を受けたため,支払限度が法定されている自賠責保険の傷害保険金を治療費だけで食いつぶされてしまったり,被害者に過失がある場合には,治療費として医療機関に支払われた後の金銭で支払われる損害賠償金の残額が少なくなってしまうこともあるのです。

また,医療機関のいうがままに治療を受けた結果,不必要に高額の治療がなされ,いわゆる「過剰診療」,「濃厚診療」となって,損害賠償の対象とならない場合もあるのです。

交通事故によって怪我をした場合であっても,健康保険による診療を受けることができるのですから,このようなトラブルに巻き込まれないように,むしろ健康保険による診療を積極的に活用しなければなりません。

法律相談・お問い合せ

交通事故に関するご相談は、無料にて承っています。詳しくは下記よりお問合せください。

電話でのお問合せ

TEL:0120-481744

メールでのお問合せ

項目すべてにご記入ください。
※メールでの法律相談は行っておりません。

お名前 ※必須
電話番号
メールアドレス ※必須
連絡方法 電話  (通話可能な時間帯: の間 )
メール
※ 携帯からの場合はPCメールが受信できるように設定しておいて下さい。また機種によっては送信できない場合がございます。
ご質問等